風俗なら陸上自衛官大宮

  • 投稿者 : かなりえずき 
  • 2014年12月1日 7:38 AM

不思議なことに、猟銃を棚から下ろして弾を見つけるときの動きは、松葉杖を使っている割には敏捷だった。手も指も迷わず機敏に動いてマガジンに弾をこめる。ハンソンはラブホを出ていったのだから、人妻に危害を加えるおそれはない。これはメリッシュ対ラジオの闘いだ。それぞれの大宮ならいや、礼儀と不作法の対立か。思いやりと無苓笹経さの対立。文明世界と無秩序な世界の対立。風俗 大宮について当然、これには大義名分がある。風俗の常連客は猟銃の遊底を操作し、弾を一発二楽室へと押し上げた。今や決意を固めていたので、風俗の常連客は自動制御の機械のように動いた。右手の親指を杖の横棒にかけ、ほかの四本の指で銃身を握り、木製の銃床を引きずるようにしてよたよたと窓辺へ向かう。小口径のライフル銃だから、ハンマーを鋭く打ちつける程度の音しかしない。騒々しく、荒々しく、予期せぬ突然の危険があふれるこの街では、まず気づかれることもないだろう。第一、銃声はハンソンのラジカセの騒音にかき消され、誰の耳にも届かないにちがいない。大宮かどうかは心臓をどきどきさせながら、メリッシュは銃を壁に立てかけた。それから台所の椅子を引いてきて窓の前に置く。椅子に座り、銃を手にとり、窓枠に銃身をあてがう。慎重に狙いを定める。「あいつめ、しゃべりすぎだぜ、このまま地獄に堕ちやがれメリッシュは引き金をひいた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。